小さく縫って 小さく暮らそう。

フヨン

*布の手作りを楽しみながら小さな暮らし*

長年使い込んだがま口ポーチは、いつごろ販売の生地だったか?背景の水色とスノーマンが目立つので、冬の柄みたいだけどそうでもなく…スイカやカボチャ、イースターもあるので季節の柄のようだけれどやっぱりクリスマスのイメージの生地!マチ幅を広めに作って、たくさん物を入れられるように…ぽってりした形となりました(^^)内布はイエロー×白ドットクリスマスが近づくと思い出すがま口ポーチだけれどもう使わないと思うポーチこ...

今日はネットショップで生地を注文何度も画像のクリックを繰り返しながら生地の色と柄を確認する作業はたいへんでこの生地注文のおかげで、1日分の目の疲れを使い果たし(=_=)目が痛い~(/_;)(画像は↓ネットショップでお借りしました)大きめのバラ柄は少し厚手の生地同じ色柄が小さくなったブロードがあったので、こちらも注文組み合わせたら面白いかも?お財布やポーチを作る用尺なので、いろいろな柄を少量ずつの注文になりまし...

「推理小説」で検索、見つけた吉永南央さんという作家さん人気があるようなので読んでみようと、図書館で借りた2冊は…主人公の杉浦草(そう)は、数えで76歳。65歳のとき、長年の夢だった和食器とコーヒー豆の店を出したという設定。設定が面白かったし、身近な問題を解決していくお話は、ドロドロしていなくていいなと思ったけれど…和食器とコーヒー豆を販売する店なのに、コーヒーを頼んで飲んでも無料という、、、試飲も兼ねてい...

ちょうどうまくポーチ分の生地があったので、プレゼント用に(^^)直径1.5cmほどの丸がギッシリ、牡丹色?赤紫系の水玉柄***** 最近よく作っている形のファスナーポーチ残ったハギレとヒツジ柄を縫い合わせたポットマットをセットで使用したダイソーの玉付きファスナーは、しっかりしていて使いやすいですポットマットは15×15cm、いつものサイズ左端に使った白地の生地はカフェ柄で、すこししか使えなかったけど可愛い生地♪*****以前...

作り始めたのは、前記事ポットマットの作りかけとは違うものになってしまった(^^ゞやっぱりクリスマスらしい、スノーマン⛄で~♪ポットマットとピンクッションの組み合わせ*****★ピンクッション作り綿を詰めると表面が凸凹になりやすいので、表地に薄いキルト芯をはさんだりします間に入るキルト芯が詰めた綿の凸凹をわかりにくくしてくれますそれに表生地に厚みも出るので、いいかなあと思うのですが…★切りっぱなし、縫いっぱなし...

冬になると思い出すこの柄が好き過ぎて使いたくない、使わないポーチは雪の中で楽しそうに笑っているウサギたち…口金幅は12cmで小ぶりな小物入れサイズで、かわいいなあ~と眺めるだけで…嬉しそうに笑っているって(生地であっても)いいですねおかあさんウサギの膝の上で安心して眠っている子ウサギ、今から歌でも歌いそうな子たち幸せそうだわー(^^♪後ろの柄はファミリーですね やさしそうでかっぷくの良いお父さん、ピンクのコー...

★口金再利用 がま口長財布★表布と裏布の裁断裏布は紺無地、バッグやがま口に使う、張りがあってすべりのよい生地を使用表布は、一方方向の柄なので横向きに裁断柄を通常で裁断してしまうと、↑うしろ側はこんなふうに柄が逆さになってしまいます*****★こちらが仕上がり【サイズ】タテ(口金含まず)9.5×ヨコ20cm柄が横になっていても、気にしないで使います(^^)★うしろ側お財布をタテに持てば柄の見え方は正常なのですが…ときどき失...

気に入っていたがま口長財布も、長年使い込んで、くたびれて来ました画像ではわかりにくくても、形が崩れ始め、小銭入れの内側は黒ずんできれいではないですそれでも口金は大丈夫そうなので再利用、作り変えることにしました(^^)はさんである紙ひもを引き抜き、口金が歪むのではないかと思うほど、力一杯、口金から本体を外します外したあとの口金は、うまくパチンと閉じたので大丈夫、使えそうと思うのですが仕上がるまでは油断で...